"away from painting [boundary window]"


“ 絵画をはなれて [躯体の窓] ”
ヴェネツィアビエンナーレ 2016 日本館
W3450×H2200
by photography (Archival Inkjet print)
増田信吾+大坪克亘との協働
2016

 
 
 
 
 
 
BIO
アーティスト、主な技法は写真術。
1981年生まれ。山形を拠点に活動。2008年東京芸術大学大学院先端芸術表現専攻修了(M.F.A.)。主な展示に2009年「水と土の芸術祭2009」(新潟県新潟市/ディレクター:北川フラム氏)、「ノーマンズ・ランド」(フランス大使館/東京都/ディレクター:フランス大使館)、 2010年「新潟への旅」(新潟県新潟市)、「Tokyo Midtown Award 2010」(東京ミッドタウン/東京都)、 2010年Tokyo Midtown Award、2011年第五回秀桜基金留学賞。2013年同留学賞により、自分の育った文化圏(山形/東北)のアニミズムや神道、仏教の思想と美術表現のリサーチのため日本各地とアジア各国を約1年周遊。2014年山形にスタジオを設立。主な受賞歴に2005年武蔵野美術大学卒業制作銀賞、2011年第五回秀桜基金留学賞、2012年PX3、International Photography award 2012受賞など。2016年、増田信吾+大坪克亘の展示にて協働としてヴェネチアビエンナーレ建築2016(ベニス市日本館)、2017年シカゴ建築ビエンナーレ(シカゴ市文化センター)に参加。
 
 
 

to top