"you existing utmost distance"

installation  Yokohama  Kanagawa, Japan 2008


雲一つない空は美しいと感じる。 その美しさはどのように成立してるのか。
空中には無数の窒素、酸素、アルゴンや二酸化炭素とい っ た 原 子 が 存 在 し て い る 。秩 序 だ っ て 並 ん で い る そ れ ら 原子ひとつひとつに異なる光の量が照射され、知覚でき ない程の無数の量によって空の質感が生まれる。太陽が 沈みだすと、グラデーションは劇的になる。私たちはその 景色に息をのむ。そして言葉にならない感情を抱く。 この美しさがあるのはその背景に適正で緻密なものの構 成と配置があるからだ。空間の目指すところはそのような感触であり、建築といわ れる行為の最大の役割はそのような歓喜に触れることが できる、ということだと私は信じる。その場所/空間を美しいと感じる。その美しさの不思議 は、私たちが存在することの不思議さに通底している。


We find the beauty  in the sky we on fine day.Why is it in the beauty?

There are amount infinity of atoms like that Nitrogen, oxygen and carbon dioxide.Therefore it became   The texture of the sky consists of each atom which irradiated each quantity of the light and Innumerable amount of atoms that we never perceive. When the sun is setting, the gradation of the sky become more dramatic.We gasp in wonder, and have the feeling we can not express. In the background, it is  composition and arrangement perfectly and exactly.I believe that: space which we create should have those fact and “architecture” what we call should bring us those delight.We feel in the space , in the site.The wonder of the beauty underlie  the wonder what we exist.

before installation

to top